tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio

iPad 購入から一ヶ月後のちょっとだけレビュー

アップルストアで解禁直後に予約して購入。
5月28日に無事到着し、使用して約一ヶ月後のちょっとだけレビューです。

良い点

  • 液晶がきれい。画像、動画の表示は美しい。
  • この薄さのデバイスで動画を見たらなかなか感動します。
  • iPhoneで実証済みだと思われますが、タッチパッドの操作感が心地よいです。

悪い点

  • 重量が重い。片手で持って電子書籍を読んでたら数分で持つ手が震えてきました。分厚いガラス板を持っている感じ。
  • 落としやすい形状。この重さの上に中心から外に向かって薄くなっているので、ツルっと落としやすい。酔っ払った時は持ちたくない。
  • iPhoneも同様だと思いますが、PC(母艦)がないと使えないというのは使い勝手が悪すぎ。

iPhone同様、製品全体が液晶画面なので、特徴を持たせたりできる部分も少なくシビアなデザインが求められると思いますが、この重さとこの形状の組み合わせはどうなんでしょう?
机の上だけでデザインを考えたんじゃないかと疑ってしまいます。

性能面については、プロセッサの処理速度の問題か、表示にもたついたりする時がありますが、あまり問題に感じませんでした。

不満はあるけど良い製品

不満はいろいろありますが、良い製品です。
私はWeb上のニュース類は、ほとんどリビングに置いてあるiPadで読むようになり、
PCの前でボーっと読むだけの時間はなくなりました。
なので個人的には、ON、OFFの区別がつけやすくなり大変重宝しています。

また、今後アプリの開発がどんどん進んで行けば、ただ読むといった使い方だけではなく
より一層利用範囲が増えていくのではないかと感じました。

で、これが万人にとって良い商品かと言えば、当然ながらそうでもないように思います。
たとえばネットブックを持っている人には必要ないでしょうし、リビングで会話が絶えないような家族であればiPadが活躍する場面はあまりないように思います。
あと、Flashって何?という方には向いていません。何にも表示されないので故障かと間違ってしまう可能性大です。

その他

よく言われている電子書籍としての可能性ですが、新聞、雑誌などのいわゆるマスコミ系の印刷物はほとんどこちらに移行すると思います。
あと、写真集のようなグラフィック系の書籍も意外と液晶の表示が美しく感じるので、こちらに移行する可能性があるように思います(白黒写真は紙の方が良いと思います)。

i文庫で芥川龍之介の短編を読んだりしたましたが、問題なく読めました。
ただ、これはまだ液晶画面の品質の問題だと思いますが、この画面で長編小説のようなものを読む気にはなれません。やはり液晶画面は基本的に発光体なので、目が疲れるように感じます。

まだ、購入後一ヶ月ちょっとで使い切れていない部分もあり、今後より使い込めば印象も変化してくると思います。また機会をみてレビューしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio