tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio

ブログをとりあえずHTML5化

本ブログをとりあえずHTML5化してみました。

DOCTYPEや<html>、<head>内などをHTML5仕様に変更。
あと以下のWordPressに関わる変更をちょっとだけ。

1.
<header>内にwp_headによって追加される下記タグを削除。
HTML5では、リンク・リレーションの策定が行われたため。

<link rel=”EditURI” ~略~ /> = 外部編集ツールを使用する際に必要なタグ
<link rel=”wlwmanifest” ~略~ /> = 外部編集ツールを使用する際に必要なタグ
<meta name=”generator” ~略~ /> = WPバージョン情報

対処方法
wp-content/themes/YOUR_THEME/functions.phpに以下を記載

[sourcecode]
<?php
remove_action(‘wp_head’, ‘rsd_link’);
remove_action(‘wp_head’, ‘wlwmanifest_link’);
remove_action(‘wp_head’, ‘wp_generator’);
?>
[/sourcecode]

2.
同じく<header>内のプラグインなどにより記載されているmeta情報を削除。
本ブログでは、「SyntaxHighlighter Evolved」がバージョン情報をmetaで記載しているので
そちらを削除。

対処方法
プラグインphp内の以下をコメントアウト
・63行目、64行目
・569行目のfunction output_header_placeholder()

以上。

ただし、これだけではいろいろな箇所でバリデーションで引っかかります。
特に面倒と思われたのは、rel属性。

HTML4では、あいまいに策定されていたのですが、
HTML5では、それなりに厳格になっているようです。
https://www.w3.org/TR/html5/links.html#linkTypes

WordPressのタグから自動的についてしまう値や
Ajaxなどでも独自の値をつけているものもあるので、
どうしようという感じです。

あとAmazonなどの貼り付けているHTMLも
引っかかってしまいます。

他、sectionやarticle化は今後、ぼちぼち反映していくつもりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio