tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio

「わたしを離さないで」

すべてにおいてタイミングを逸していますが、
とりあえず紹介。

「わたしを離さないで」

映画が公開されていますが、本の方です。
著者は日系イギリス人。
日本での発行は2006年です。
私が読んだのは、今年の正月休みです。

ストーリー自体は難しくありませんが、
ネタばれしてしまうので内容を紹介するのは難しいです。

「受容」「生命」「友情」「反抗」などいろいろ考えさせてくれますが、
暗いお話ではありません。
アマゾンのレビューでも高得点です。
最近、著者が来日されてNHK教育でも特集が放送されたようです。

著者自身、翻訳されることを念頭において執筆されていると
どこかで読んだ記憶がありますが、翻訳家の力量も良いのか
読み心地が良い文章です。

本国イギリスでの評価が高いのですが、
日本的、アジア的なストーリーのように思われ
ヨーロッパで共感?されているのが意外でした。

本でかなりイメージが出来上がってしまったので
映画を見るのを躊躇しています。

とても良い本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio