tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio

「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」

一躍有名になったポーリングの作品より以前の
若い頃の作品が、多数出品されていて
あまり見たことがなかったので新鮮で良かった。
特にネイティヴ・アメリカンの影響を受けたとされる
作品群は良かった。

ポーリングの作品は他にもっと良い作品があるように思うが、
今回は、あまりなかったように思う。
現在、ポロックの作品は値段が高すぎて借りるのが、
かなり難しくなったとの話も聞くので仕方がない。

良かった作品

  • トーテム・レッスン2
  • 無題 蛇の仮面野ある構成
  • コンポジション
  • 西へ
  • 四つの図柄のあるパネル
  • パネルG
  • 頭蓋骨のあるアーチの前でひざまずく人物像

ポロックの作品を日本でこれだけまとめて見られることは
ほとんどないので、貴重な展覧会だと思います。
見る価値多いにあり。

「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」
2012年2月10日(金)?2012年5月6日(日)
東京国立近代美術館

ちなみに同美術館にて平行して開催されている
「原弘と東京国立近代美術館」展も大変良かったです。

原さんのデザインに対する理念や姿勢は大変参考になります。
個人的には、久々に紙の版下を見ることができて
版下制作が苦手だった私には懐かしいような
あまり見たくないような複雑な心境になりました。
DTP以前を知らない若いデザイナーの方は、
ご覧になられると面白いのではないでしょうか。

「原弘と東京国立近代美術館」
2012年2月3日(金)?5月6日(日)
東京国立近代美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

tagTimeLog Lite

Simple time tracking tool
Developed by Namu Work Studio