MENU
HOMEWebLiterals(リテラル)

Javascript Literals(リテラル)

JavaScript では値の表現にLiterals(リテラル)を使用する。変数ではなく固定値であり、スクリプト中に直接記述する。

Literals(リテラル) = データ型に格納する値

Array literals(配列リテラル)

0個以上の式のリスト。複数の値(要素)を格納。
立て続けに 2 つのコンマを置く([0,,1])と、配列は未指定の要素を undefined として作成する。

Boolean literals(真偽値リテラル) true と falseの2 つのリテラル値
Integers(整数) 10 進数、16 進数、8 進数で表現可能
Floating-point literals(浮動小数点リテラル) 以下の部品で構成される。
・10進整数部 (”+” や “-” の符号が先行してもよい)
・小数点 (“.”)
・小数部(10進数)
・指数部
Object literals(オブジェクトリテラル) プロパティ名とそれに関連付けられたオブジェクトの値との 0 個以上の組が波括弧 ({}) で囲まれたもので作られたリスト。
ハッシュ、連想配列などと呼ばれる場合がある。
※オブジェクトリテラルを文の先頭で使わない。{ がブロックの始まりと解釈されるため、エラーや予期せぬ動作を引き起こすため。
String literals(文字列リテラル) 0 個以上の文字を二重引用符 (“) または単一引用符 (‘) でくくったもの。
関数リテラル  
undefined 未定義値。変数の値が定義されていないことを表す値。
null

参照)https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Guide/Grammar_and_types#Literals

 

[`google_buzz` not found]
[`livedoor` not found]

Webmaster Knowledge
ページの先頭へ